logo-1

- Buildynoteご紹介資料 -

 

これは単なるツールではありません。
実際に「効果の見込める」「経営に役立つ」ノウハウをご提供するための仕組みです。

pdf_sample-1

入力フォームを送信してダウンロードいただけます。

 

送信後に資料PDFダウンロードページが開きますのでそちらからご覧ください。

『いま建築業界がDXをしなければいけない理由』
先日行われました工程管理オンラインセミナーの一部を公開しております。フルバージョンもお申し込みでご視聴いただけます。

- そもそもBuildynoteって? -

 

現場監督一人当たり年間65棟
DXで地域着工棟数NO.1を実現した
住宅メーカーのノウハウ

DXによる改善を繰り返し創業11年で地域ナンバーワンとなった
さくらホームグループ、AXS Design(アクスデザイン)のノウハウをパッケージ化しました。
Buildynoteは単なるツールではありません。
実際に「効果の見込める」「経営に役立つ」ノウハウをご提供するための仕組みです。

建築業界が抱える深刻な課題

深刻な人手不足

現場の職人不足は深刻で、高齢化も進んでいる事もあり、新しい人手を確保するためにかかる費用は1人100万円以上ともいわれる時代、今後この問題はさらに深刻化します。
例えば、現場監督1名が今の2倍の案件を管理できればどうでしょう?
もちろん、残業時間は今より減らしながら。

煩雑な現場管理

例えば1棟の家を建てるのには50社の協力会社が必要といわれます。50社とスケジュールや図面の共有できていますか?
FAXや電話で要件を伝えていませんか?

働き方改革

残業時間の上限が月45時間と定められ、罰則も設けられました。つまり社員の働く時間は、より貴重なものとなり、10分単位で有効な仕事の仕方が求められます。

最も効果的なワークダイエットはできるだけ工程を変更なく終える事

1つの予定変更は次の工程、その次の工程に影響し、速やかな対応を必要とする無数の作業を生み出します。

1つの予定変更が生み出す無数の作業、その対応に追われていませんか?

AdobeStock_454279402-1024x509

働き方改革による残業の削減
社員の時間は30分たりとも無駄にできない時代です

人材の採用でも重要視される残業時間の削減。
社員の働く時間が減っている中で、生産性をアップさせるには

1.業務のたな卸し

2.業務の簡略化

3.社員への業務の割り当て

4.割り当てた業務の進捗管理

以上を効率よく行う必要があります。
「2.業務の簡略化」だけをDXと考えていませんか?

AdobeStock_359225336-1024x558